ヤマハ U1Aの買取価格相場

ヤマハ U1Aの買取相場・詳細データ

ヤマハ U1Aの画像

Photo By

U1Aの買取相場

現在のU1Aの買取価格の相場は
50,000円〜100,000
 です。 JPY

※2017/03/17時点での情報です。

U1Aの詳細データ

タイプ アップライトピアノ 型番 U1A
製造年 1954年 -1987年3月 当時の定価 ¥195,000円〜¥円
サイズ H121cm x W150cm x D61cm
製造番号 60000〜4560000 重量 218kgkg

U1Aの買取価格実例

型番 買取査定価格 査定日
U1A ¥80,000円 2017年03月17日
U1A ¥100,000円 2017年03月17日
U1A ¥90,000円 2017年03月17日
U1A ¥80,000円 2017年03月17日
U1A ¥50,000円 2017年03月17日

※2017/03/17時点での情報です。

U1Aはヤマハのコンパクトなアップライトピアノ、U1シリーズの中でも最初期の型です。

製造は1954年〜1959年の5年間。今から60年ほど前のピアノになります。

2度生産されたU1A

ただし、U1Aは二度生産されております。

最近では、二度目の生産の1982年12月から1987年3月生産分の方が多く流通しているかもしれません。
ですので、一概にU1Aといっても、1950年代のピアノと1980年代のピアノの2種類有ることを注意しなければいけません。

U1Aの製造時期の見分け方

「じゃあ、どうやったら1950年代のU1Aなのか、1980年代の後期型のU1Aなのか見分けたら良いの?」

っておもう方もいらっしゃると思いますが、それはカンタン。製造番号を見れば製造時期が分かるのです。

1950年代に製造されたU1Aの製造番号は60000〜120000番です。
殆どが5桁(一部6桁の場合も)の製造番号になっています。

一方、1980年代に製造されたU1Aの製造番号は3840000から4560000となっております。

つまり、

  • 製造番号が5桁か6桁なら50年代の初期型
  • 製造番号が7桁なら80年代の後期型

とはっきりと判別できます。

初期型のU1Aでも買取可能なのか?

初期型のU1Aだと約60年年前のピアノです。

そんなに古いピアノだと「もう買取価格はつかないんじゃないの?」と思われる方も多いと思うのですが、そんなことはありません。

この頃のヤマハ(当時は日本楽器という名前でしたが)はまだ大量生産に入る前で、手作業で丁寧に作られていましたので、作りには定評があります。

また、現在ではもう使えないような木材がまだ大量にあった時代ですから、下手をすると最近の高級ピアノよりもいい材質の木を使用しているため、未だに人気のあるピアノとなっています。

ヤマハ U1Aに似たピアノの買取相場


高く売りたいなら一括見積もりがおすすめ!


できるだけ高く売りたいけど、いろんなピアノ買取業者に連絡するのは面倒・・・!?複数の買取業者に査定依頼ができる一括査定が便利です! 今すぐ無料で一括査定をスタート お売りになりたいピアノの「メーカー名」、「型番」「製造番号」をご用意下さい。「型番の調べ方がわからない」や「電話で相談したい」場合はお気軽にお電話でご相談下さい。050-3479-0860 10:00-18:00(年末年始を除き年中無休)